目次 - 一括更新処理の設定

一括更新処理の設定

処理名称(処理名称一覧)

資産情報や履歴情報に対して一斉に行う処理の内容(資産情報の項目の値の変更、履歴情報へのレコードの追加)を管理します。

  • 新規登録
    新規の処理内容を登録します。
  • 検索
    検索欄に入力した処理名称等を基に、処理の種類を検索します。

処理名称

対象となる資産種類の選択と処理名称の入力

処理を実行する対象となる資産種類等を設定します。

  • 対象資産種類
    処理の実効となる対象の資産種類を選択します。
  • 処理名称
    処理名称を入力します。
  • 実行可能グループ
    本処理を実行できるグループを選択します。
  • 実行可能ユーザー
    本処理を実行できるユーザーを選択します。

対象となる資産情報の抽出条件

処理の実行対象となる資産の条件を設定します。

  • (検索条件を追加ボタン)
    処理の実行対象となる資産の条件を設定します。
  • すべての条件に一致(AND)
    抽出する条件を複数設定し、すべての条件に合致する資産だけを抽出する場合に選択します。
  • いずれかの条件に一致(OR)
    抽出する条件を複数設定し、いずれかの条件に合致する資産を抽出する場合に選択します。

処理完了後のデータ(値)の設定

処理完了時に変更する項目と変更する値を設定します。

  • 追加
    処理完了時に変更する項目と変更する値を追加します。

履歴情報

処理完了時にレコードを追加する履歴情報を設定します。

  • 履歴情報
    処理完了時にレコードを追加する履歴情報と設定する値を選択します。
  • (履歴情報追加のボタン)
    処理完了時にレコードを追加する履歴情報を追加します。
  • 登録
    処理設定の登録内容を確定して登録します。
  • リセット
    入力した内容をクリアします。
  • キャンセル
    作業していた内容をキャンセルして一覧に戻ります。