サービス稼働実績

稼働率

assetforceの月間サービス稼働状況を
お知らせいたします。
本サービス基本機能の月間稼働率が
99.9%を目標に運用します。

  • 99.9%以上
  • 99.5%以上
  • 99.5%未満

2021年10月8日 現在

年月 assetforce 備考
2021年9月 100%
2021年8月 99.8% assetforce live機能が利用できない事象が90分発生。
2021年7月 100.00%
2021年6月 100.00%
2021年5月 100.00%
2021年4月 100.00%
scrolable

サービスの稼働とは、サービスにログインし、Webアプリケーションを操作できることを指します。
これが得られない時間を停止時間とし、当月のサービス提供時間を以下のように計算します。

当月のサービス提供時間[分]
当月の日数×24×60 - 定期メンテナンスにより事前に告知された停止時間[分]
月間稼働率[%]
(当月のサービス提供時間[分]-停止時間[分])÷当月のサービス提供時間[分]×100
停止時間の計測方法
Webアプリケーション機能が停止したと弊社が判断した場合、その原因となるシステム障害の発生時刻から、
状況が収束するまでの時刻を停止時間として記録します。
定期メンテナンスにより事前に告知された停止時間を超えた場合、超えた時間も停止時間として記録します。

ダウンタイム

assetforceの月間ダウンタイムを
お知らせいたします。

  • 正常
  • アクセス失敗が1分以上継続
  • アクセス失敗が10分以上継続

2021年10月8日 現在

年月 assetforce 備考
2021年9月 0分
2021年8月 1時間30分 assetforce live機能におけるサーバーのリソース調整作業のため
2021年7月 0分
2021年6月 0分
2021年5月 0分
2021年4月 0分
scrolable

サービスの稼働とは、サービスにログインし、Webアプリケーションを操作できることを指します。
これが得られない時間を停止時間とし、当月のサービス提供時間を以下のように計算します。

当月のサービス提供時間[分]
当月の日数×24×60 - 定期メンテナンスにより事前に告知された停止時間[分]
月間稼働率[%]
(当月のサービス提供時間[分]-停止時間[分])÷当月のサービス提供時間[分]×100
停止時間の計測方法
Webアプリケーション機能が停止したと弊社が判断した場合、その原因となるシステム障害の発生時刻から、
状況が収束するまでの時刻を停止時間として記録します。
定期メンテナンスにより事前に告知された停止時間を超えた場合、超えた時間も停止時間として記録します。