assetforceの機能

functionassetforceの多種多様な機能群

assetforceはパソコン、スマートフォン
(専用アプリ)でご利用が可能です。
お客様のビジネスにあわせて最適な環境で
ご活用いただけます。

資産管理

  • お客様の業務に合わせて自由に項目をカスタマイズして、資産情報/履歴情報を管理。
  • データの一括アップロード/ダウンロード機能により、大量データ取扱の負荷削減。
  • 写真や動画データなど、資産にまつわる様々な情報もまとめて一括管理。
  • 資産のメンテナンスや貸出などのスケジュールを管理。

ワークフロー

  • 資産情報とワークフロー(BPMN2.0準拠)を連携し、業務プロセスの効率化を実現。
  • assetforce画面上で業務のワークフローが作成可能。
  • ワークフロー上での業務管理により、リアルタイムでの進捗管理が可能。
  • モバイル(スキャン)、処理設定や帳票機能を組み合わせることで、モノにまつわるあらゆる業務プロセスをデジタル化。
  • 資産管理に関する業務プロセスをワークフローベースで実行することにより、内部統制の強化にも貢献。

資産情報×BPMN2.0

分析・レポート(BI)

  • assetforceの分析・レポート機能により、蓄積されたデータを活用して直感的な分析作業が可能。
  • ダッシュボードを作成後はリアルタイムで定型レポートの確認が可能。
  • 資産にまつわるデータを見える化し、実用的な意思決定を支援。

帳票

  • デザイナ機能により、画面上で自由に帳票を定義。
  • assetforce上の資産データ/分析結果を自動でマッピングすることであらゆる紙帳票のデジタル化を実現。

モバイル

  • 時間/場所を問わずモバイルから資産情報/履歴情報を登録・参照・更新が可能。(バーコード、二次元コード、RFIDに対応)
  • GPSを利用した、位置情報の特定。
  • デジタル署名により、ペーパーレス化を促進。

※電子署名法、電子帳簿法には準拠しておりません。

資産情報 × BPMN2.0に準拠したワークフロー

assetforceでは中・小規模はもちろん大規模での利用を想定して設計されている高性能なワークフローをご用意しております。
従来の”分かり難さ”を解消したビジネスプロセスの表記方法【BPMN2.0:国際標準規格(ISO/IEC 19510)】に基づいて、ワークフロー設計や機能実装も容易に行えます。
また、ワークフロー機能から他システムのAPIを呼び出すなどシームレスな連携も可能です。

※API連携の際は別途開発が必要となるケースがあります。

モーダルウィンドウを閉じる