目次 - ワークフローの設定

ワークフローの設定

ワークフロー設定

ワークフローを構成するフォームやプロセスを管理します。

  • 新規登録
    ワークフローを新規作成します。
  • アクション
    作成したワークフローの有効化/停止を設定します。
    • (有効化)
    • (停⽌)
    • (コピー)
      既存のワークフロー設定をコピーして、内容を変更し、ワークフローを新規作成します。「ワークフロー新規作成」を参照してください。
    • (削除)
    • OK
      作成したワークフローを削除します。問題がなければOKを押して削除を確定します。作成したワークフローを削除します。問題がなければOKを押して削除を確定します。

      稼働中のステータスのワークフローは削除できません。

    • キャンセル
      ワークフローの削除をキャンセルして一覧に戻ります。
  • 検索
    検索欄に入力したワークフロー種類名等を基に、ワークフローを検索します。
  • レコード
    ワークフロー一覧に表示されるレコード数を変更します。

ワークフロー新規作成

ワークフローを新規作成します。

Step1:ワークフロー基本情報

ワークフローの基本情報を入力、選択します。

基本情報

ワークフローの基本情報を入力、選択します。

  • WF種類名
    ワークフローの種類名を入力します。
  • 説明
    ワークフローの説明文を入力します。
  • 備考
    ワークフローの備考情報を入力します。
  • 種類
    ワークフローの種類を選択します。
  • 資産種類
    資産に関するワークフローを作成する場合に選択します。
権限設定

ワークフローの権限設定を選択します。

  • 申請内容の公開範囲
    ワークフローを申請した際に閲覧ができるグループを選択します。
  • 登録
    基本情報を登録して、Step2へ進みます。
  • 一覧へ戻る
    ワークフローの新規作成を取り止めて、一覧に戻ります。

Step2:フォーム

ワークフローのフォームレイアウトを設定します。

  • WF名
    ワークフローの名称を入力する項目です。

    初期設定項目、必須項目です。

  • WF期限
    ワークフローの完了希望の期限を入力する項目です。

    初期設定項目です。

  • 保存
    ワークフローフォームのレイアウトを確定して、Step3へ進みます。
  • プレビュー
    ワークフローフォームのレイアウトを確認します。
  • リセット
    ワークフローのフォームレイアウトで設定した内容をクリアします。
セクション設定
  • 名称
    セクションの名称を設定します。
  • プライベート
    各セクションの閲覧、編集権限を設定できます。グループ毎に権限を設定します。
  • OK
    セクションの名称、権限を設定します。
  • キャンセル
    作業していた内容をキャンセルして一覧に戻ります。

Step3:プロセス

ワークフロープロセスを設定します。

  • 保存
    ワークフロープロセスを確定して、ワークフローの作成を完了します。
  • 一時保存
    ワークフロープロセスの設定を中断する一時保存します。ワークフローの一覧で該当のワークフローを選択し、設定変更を再開できます。
  • 元に戻す(Ctrl+Z)
    ワークフロープロセスの修正を一つ前に戻します。
  • 一覧へ戻る
    ワークフロー一覧に戻ります。
選択画⾯
  • 検索条件
    担当者の検索条件を入力します。
  • 検索(ボタン)
    検索条件の入力内容を基に、担当者を検索します。
  • 選択
    タスクの担当者の選択を確定します。
  • 閉じる
    選択画面を閉じます。
条件選択

分岐条件を選択します。

  • デフォルト分岐
    デフォルト分岐に設定する場合はチェックボックスにチェックを入れます。
  • (+ボタン)
    選択した分岐条件をプロセスに追加します。
  • (-ボタン)
    選択した分岐条件をプロセスから削除します。
  • 保存
    条件選択の設定内容を確定します。
  • キャンセル
    作業していた内容をキャンセルして条件選択画面を閉じます。