目次 - 設定

設定

設定メニュー

主に、管理者権限を保持するユーザーが利用するメニューです。
以下の項目の設定ができます。

  • テナント、ユーザー、グループ等の利用環境の設定
  • 管理する対象の資産に関する情報(資産情報・履歴情報)
  • 資産の制御に関する設定(処理設定・ワークフロー)
  • ユーザー

    本テナントを利用できるユーザー情報を管理します。

  • グループ

    ユーザーが所属するグループ情報を管理します。
    グループ毎に各種メニューへのアクセス制御(参照、作成、更新、削除の権限)を設定できます。
    各ユーザーは1つ以上のグループに所属します。複数グループに所属する場合、複数のグループの権限を保持できます。

    あるユーザーが複数グループに所属する場合、複数グループの権限の総和がこのユーザーのアクセス権となります。
    例)Xグループは閲覧権限がなく、Yグループは閲覧権限がある場合。XグループとYグループの両方に所属しているユーザーは閲覧権限を保持します。

  • マスター

    頻繁に利用する情報をマスターデータとして管理します。
    マスターデータのデータは各種情報の項目として利用できます。

  • 資産種類

    assetforceで管理する資産種類を設定します。
    資産種類毎に項目やレイアウトを管理します。

  • 履歴情報

    資産情報に紐付ける履歴情報の項目やレイアウトを管理します。

    • 棚卸履歴
    • メンテナンス履歴
    • 移動履歴

    履歴情報は資産種類と1:1の関係となります。

  • 処理設定

    複数の資産情報や履歴情報に対して、一斉に実行する処理の内容を管理します。
    管理できる処理内容は以下のとおりです。

    • 資産情報の項目の値を変更します。
    • 履歴情報に履歴レコードを追加します。

    棚卸処理、入荷処理、出荷処理などにおいて、複数の資産の「ステータス」や「処理日」の値を一度に変更することができます。
    また、履歴情報に履歴レコードを追加できます。

  • ワークフロー

    ワークフローを構成するフォームやプロセスを管理します。

  • テナント

    テナント全体の設定を管理します。