目次 - 履歴情報の設定

履歴情報の設定

履歴情報設定

資産情報に紐付ける履歴情報の項目やレイアウトを管理します。

  • 新規登録
    履歴情報を新規登録します。
  • 検索
    検索欄に入力した履歴情報種類名等を基に、履歴情報を検索します。

履歴情報種類新規登録

  • 履歴情報種類名
    履歴情報名を入力します。
  • OK
    履歴情報名の内容を確定します。

履歴情報種類

履歴情報として保持するデータ項目、レイアウトを設定します。

  • カスタマイズロジック
    履歴情報全体のレイアウトに関わる制御をJava Scriptで行うことができます。

基本コントロール

基本コントロール配下に登録できる項目タイプが並びます。「イベントタイプのレイアウト設定」を参照してください。

マスターコントロール

別途作成したマスターのデータを資産情報の項目として利用することができます。利用するマスターデータを以下のマスター名から選択し、項目を選びます。

  • 保存
    レイアウト設定を保存します。 Scriptで行うことができます。
  • プレビュー
    履歴情報で管理する項目のレイアウトを確認します。
  • リセット
    履歴情報で設定した内容をクリアします。
  • 一覧へ戻る
    作業していた内容をキャンセルして一覧に戻ります。