目次 - 一括更新処理の実行

一括更新処理の実行

一括更新処理の実行

一括更新処理の一覧を表示、選択し、処理を実行します。

  1. 更新処理メニューをタップします。
  2. 一括更新処理の「処理一覧」をタップします。

    実行できる処理の一覧が表示されます。

    処理をグルーピングすることができます。WEBの設定処理設定で「処理グループ」を登録することで、グループごとに処理が表示されます。

  3. 検索や並び順変更などを行い、実行する処理を選択します。

    該当する処理の資産抽出条件、設定する値、追加する履歴情報などが表示されます。
  4. 処理対象の資産のバーコード/QRコードなどの識別コードをスキャンします。
    スキャン済みリストボタンにスキャンした識別コードがカウントアップされたのを確認し、スキャン済みリストボタンをタップします。

    資産情報の閲覧権限がない場合、「スキャンリスト」がタップできません。

  5. スキャン済みリストに表示される資産を確認し、問題なければ「次へ」ボタンをタップします。

    確認メッセージが表示されます。

    • 資産種類が「個数管理」の場合、増減する個数の数量を入力します。
    • 条件に該当しない資産をスキャンした場合は、スキャン済みリストの「条件外」タブに資産が表示されます。
    • 資産を選択すると資産詳細画面へ遷移し、資産情報を変更できます。
    • 印刷ボタンをタップすると複数資産のラベルが印刷されます。
  6. <実行時に入力>設定がされている場合、「変更項目」の内容を入力します。
    鍵マークが表示される項目は、変更することができません。

  7. 「次へ」ボタンをタップします。更新処理を行わない場合は「一時保存」ボタンをタップすることで、情報を一時保存することができます。

    確認メッセージが表示されます。

  8. 「実行」ボタンをタップします。
  9. 「はい」ボタンをタップします。

    処理が実行されます。