SCENE.02

多拠点展開における
棚卸業務効率化

assetforceは
棚卸に
関わる業務を
75~90%削減できる※1
サービスです

棚卸業務の効率化ポイント

  • 1棚卸作業者の業務負荷
    75~90%削減※1

    スマホ1台で棚卸実査が完結

    スマホでバーコードやRFIDをスキャンするだけで棚卸が完結。台帳との突合せは不要で、現場の棚卸作業にかかる負担を大幅に軽減できます。オフィスの設備も、工場の機械も、リモートワークのモバイル端末も場所を問わずスマホ1つで対応。

    ※RFIDの読み取りには別途RFIDリーダーが必要となります

  • 2棚卸精度95%改善※1

    棚卸の一連の業務をワークフロー化

    棚卸の実査と報告に際し、報告漏れや帳票への転記ミスによる誤集計が発生しがちです。
    事前に設定したワークフローに沿って進めるだけで、その場で実査と報告を同時に完了することができます。報告漏れや報告ミスを削減することでガバナンス強化につながります。

  • 3棚卸にかかる作業期間を50%短縮※1

    棚卸管理作業を自動化

    事前準備から、実査・進捗の確認、所在不明な資産への対応など、棚卸作業には多くの時間が費やされています。
    各部門の進捗状況の可視化するレポートや自動アラート機能により、管理負荷を削減し、棚卸作業期間を短縮します。

  • ※1 効果を保証するものではありません。記載の効果は導入実績を参考に算出しております。

こんなお悩みはありませんか?

    • 台帳の分割が手間
    • 報告書の督促・集約作業に時間がかかる
    • 実査の精度が低い
    • 台帳と管理番号の照合に時間がかかる
    • パソコンでの報告が面倒及び失念
    • パソコンでの承認が面倒
    • 移動・廃棄の手続き漏れ
    • 資産管理の強化が求められてるが手を打てていない

assetforceでお悩みを解決!

scrolable
  • ※本プロセスはパソコンの棚卸プロセスの一例を記載

その他のよくある利用シーン

導入事例
assetforceを導入いただいている企業様の
具体的な活用事例をご紹介します。
モーダルウィンドウを閉じる
モーダルウィンドウを閉じる
モーダルウィンドウを閉じる