介護機器レンタル業

資産情報管理にかかる工数削減と
ピッキングの正確性向上

介護用機器レンタル事業会社

課題

  • 大部分の業務がアナログな手法で実施されており、現場の負担が大きい状態
  • 残業時間も高止まりしており、業容拡大のための人的キャパシティがない

活用効果

  • 資産情報データをベースにした業務フローにより負荷軽減
  • モバイルを活用したQRコード読取により、棚卸・ピッキング作業の正確性が向上。
  • デジタル管理への移行により、リアルタイムに商品の配送状況を確認し入力作業の実施が可能に

今までは…

  • 口頭、紙の帳票ベースのやり取り

  • 紙の帳票と目視でのピッキング

  • 1日の終わりに
    全ての入力業務を実施

assetforceを導入すると…

  • 資産管理
  • ワークフロー
  • BI
  • 帳票
  • モバイル
  • assetforceベースのやり取り

    データをベースにした
    業務フローによる、負荷削減

  • モバイルを使ったピッキング業務

    QRコード読取で作業効率向上

  • 今の現物状態を確認し
    入力作業を実施

    リアルタイムで入力が可能に

ご利用いただいた方の声

  • 営業部員

    モバイルでバーコードを正しく読込むと、スキャン音で知らせてくれるため、大量にある商品の棚卸しにかかる時間を大幅に削減できました。

  • 事務処理担当者

    複数部品で構成される介護ベッドのピッキング作業では、今まで担当者の経験・知見に頼っていました。assetforceを導入後は、モバイルで部品のピッキングリストが見えるようになったことで、担当者の経験・知見は不要となり、ミスが減りました。

  • 棚卸担当者

    デジタル化したことにより、商品の動きが見えるようになりました。さらにRPAで連携させることが出来る様になったので基幹システムへの入力作業も楽になりました。