太陽光発電事業

データ管理業務の効率化・
付加価値業務へのシフトに成功

エネルギー関連事業会社

課題

  • データ収集・統合・管理における業務の煩雑さと手間が頻繁に発生
  • データ分析・活用など事業の付加価値を創出するための取り組みに、十分な時間を割けていない

活用効果

  • 資産管理機能の活用により、データ収集・統合にかかる作業時間を削減
    ※RPAと併用した場合、180時間/年作業時間削減
  • assetforceでデータを一元管理することで、データの整合性が担保され、早く正確なデータの可視化を実現
  • 分析・レポート(BI)機能の活用により、手軽に様々な観点でのデータ分析を実現

今までは…

  • 膨大なデータが散在

  • 人力でデータを整備・抽出

  • データ解析・分析が困難

assetforceを導入すると…

  • 資産管理
  • ワークフロー
  • 分析・レポート(BI)
  • 帳票
  • モバイル
  • データを一元化

    データの集約を容易にし、
    業績効率化 を支援

  • レポートを自動生成

    ダッシュボード機能により
    レポート作業を自動化

  • 効率的な分析を実現

    データ分析の幅が拡大

ご利用いただいた方の声

  • 報告資料作成者

    従来は不正確なデータを目視で検知し、管理エクセルや元データを確認する作業が発生していたが、assetforceを活用した一元管理により、情報が早く正確に取得できるようになりました。

  • 営業部員

    作業負荷が高く、データ分析・活用に手が出せなかったが、気軽に様々な観点でデータを可視化できるようになり、営業活動や投資判断に資するデータ分析の幅が広がりました。

  • 事務処理担当者

    発電所ごとに異なる監視サイトからデータを収集・整備する煩雑な定型業務から解放されました。